WALL  CANOPY

建物名称「WALL」と「鋼板=壁」を掛けた「WALL ANOPY」。
わずか10㎡の玄関庇に、安全性を確保しつつ、様々な設計

施工技術を駆使し、プロポーションで「魅せる」キャノピーを創り込んだ。


構造体を表しとして仕上げ材を省き、単に細い部材で構成するのではなく様々な外力に対して適切な剛性および耐力を付与するプロポーションを決定した。


重力・雪・雨・地震・風・熱など、外力の大きさと発生確率を部材断面に反映し、幅・高さという建築要件に当てはめ、そして施工性・コストに適した部材とディテールを決定する。構造体が建築空間にもたらす表現を、見る人が直感できたら嬉しく思う。

所在地  北海道札幌市

使用用途 玄関庇

建築設計 村上憲一+上杉祐史

施工会社 株式会社 オーエーテック
規模   地上1階 延床面積 10㎡

構造種別 リブ付鋼板構造

竣工年  2015年

wall canopy.PNG

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle