Photo : Ikuya Sasaki

掘立柱の家

ピロティ形式の建築計画に適した丸太柱によるアウトフレームの採用に

より、地元大工による地場木材の使用を容易にしつつ、工事費の削減、

地元産業活性化そして力強い架構表現を実現している。


1階床下を駐車場として使用する高床のピロティ形式とし、丸太柱1階

柱頭径450φ最大材長9mのカラマツ丸太柱を採用、耐力に余裕を持たせた。


丸太を屋外に使用し自然乾燥期間を設けず加工・建方し、工期短縮・乾燥保管費用の縮減を図る。
本計画ではH28年台風の影響で輸入丸太材を使用したが、大工による丸太
材の選別・切出しを行うことで、使用部材に適した材木の選別および

流通に伴うコスト削減を実現している。


所在地  北海道岩見沢市

使用用途 住宅

建築設計 米花建築製作所

施工会社 新栄工建株式会社

規模   地上2階 延床面積 198㎡
構造種別 丸太アウトフレーム+木造在来軸組工法

竣工年  2016年

Photo : Ikuya Sasaki

Photo : Ikuya Sasaki

Photo : Ikuya Sasaki

Photo : Ikuya Sasaki

Photo : Ikuya Sasaki

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle