岩手県R市バスシェルター

津波により被災した三陸の街に嵩上により新しい交通拠点を作りつつあるエリア。BRT・高速バスに併設したバス停留所を鉄骨造片持柱架構により構成した。

アルミハニカム仕上げのキャノピーに地場産気仙スギ材ルーバーを片持壁として

アクセントに用いている。

 

所在地  岩手県R市
使用用途 バスシェルター
建築設計 神成建築計画事務所(基本設計)

構造設計 山脇克彦建築構造設計(基本設計)
規模   地上1階

構造種別 鉄骨造片持柱架構
​竣工年  2018年  

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle