Photo : TAKASHI Oosugi

旭川たかはし眼科

厚200の壁式RC構造として柱型を無くし、室内有効性を高めた。

待合室~玄関ポーチは6mスパン部や、廊下など各所に設けられたハイサイドライト吹き抜け部など、扁平梁により支持している。

待合室北側は最小厚90mmのリブ柱を1m間隔で連続させ、室内への間接光と特徴的な外観を表現している。

所在地  北海道旭川市
使用用途 クリニック
建築設計 Atelier O2
施工会社 東成建設
規模   地上2階 延床面積 393㎡
構造種別 壁式鉄筋コンクリート構造
​竣工年  2016年 
 

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

Photo : TAKASHI Oosugi

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle