せんとぴゅあⅡ

中庭に面する図書館開架スペースは大雪山に正対し、

大きな開口面を有するため、鉄骨造ラーメン構造として視界を確保する。

開架スペース周辺の事務室、会議室等の壁面を有する諸室はRC造耐力壁付きラーメン構造として遮音性と耐震性能を確保した。

鉄骨柱はRC部分で耐震性能を確保するため鉛直力のみ支持すればよいため、19x120x200mmの溶接箱型鉄骨柱とし、シャッターボックスと同幅として、

空間の有効利用および視認性を確保した。

鉄骨造部分の屋根を支持する母屋は105x240mm@900道産カラマツ集成材とし、構造部材としての力強さと優しい表現を意図した。

RC柱は300mm幅の扁平柱とし、空間の有効利用とともに高い耐震性能を確保した。鉄骨屋根面の面内剛性確保のため、高張力鋼タイロッド25mmΦ水平ブレースをハイサイドライト吹抜け以外の範囲に設け、採光を確保している。RCの高い耐震性能、鉄骨柱の繊細な強さ、木部材の力強さ・優しさと、適材適所の素材を使い分けることで、用・強・美を感じさせる空間を目指した。

所在地  北海道上川郡東川町                                           
使用用途 図書館                
基本計画・基本設計 小篠隆生+アトリエブンク、アイエイ研究所、KITABA
建築設計 ブンク・アイエイ・KITABA特定建築設計JV              
施工会社 橋本川島・盛永・高特定建設工事JV
規模   平屋建て 延床面積 2,458.07㎡           
構造種別 RC造耐震壁付ラーメン構造+鉄骨造+木母屋              
竣工年度 2018年

Photo : Takao Ozasa

Photo : Takao Ozasa

Photo : Takao Ozasa

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle