TOP.JPG

鶴居村村民福祉センターあすぽっと

木造平屋のハイサイドライトの屋根レベル差をつなぐ方杖を生かし、
梁スパンの縮小と、リズミカルで親しみやすい木架構の表現を目指した。

建物正面の開口が大きな箇所にダブル両面合板壁を設けて
開放的で透明感のあるファサードを実現した。

屋内屋架構として120角柱梁による照明・展示用部材を格子状に設けつつ、
6mスパンの梁に屋根登り梁から吊鋼棒を変形防止材として設けた。

玄関にアルミ構造のポーチを設けた。
片持柱構造とすることで角パイプ柱梁接合部のボルトを簡素化しつつ、
ボルト頭を全て屋根面に設けるディテールとすることで
すっきりとしたディテールを実現した。


所在地  北海道阿寒郡鶴居村
使用用途 事務所、集会所
意匠設計 長谷川建築設計事務所
構造設計 山脇克彦建築構造設計 山脇克彦
施工会社 山口工務店 
木工事     厚浜木材加工協同組合
規模   地上1階 延床面積 459.11㎡
構造種別 木造 在来軸組工法
​竣工   2021年

01.JPG
02.jpg
03.JPG
04.JPG
05.jpg
06_photo_sato yuji.jpg

Photo : Sato Yuji