TOP_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間01.jpg

Photo: GLA/髙野現太

山麓の洞門と双庭の間

木造2階建ての住宅。

最大6.3mスパンの2階床梁を480せいとして2階陸立ち柱を自由に配置する架構計画とした。
さらに箱型の跳ね出し架構を前面道路側に設けるダイナミックな架構を実現した。

開放的な内部空間を実現しつつ耐震性能を持たせるため「ダブル両面合板壁」を採用、
建築基準法による必要壁量の1.25倍程度を確保している。

所在地  北海道札幌市
使用用途 住宅
意匠設計 GLA 髙野現太
構造設計 山脇克彦建築構造設計 山脇克彦
施工会社 北匠建設
規模   地上2階
構造種別 木造在来軸組工法
​竣工   2021年

01_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間03.jpg

Photo: GLA/髙野現太

02_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間04.jpg

Photo: GLA/髙野現太

03_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間02.jpg

Photo: GLA/髙野現太

04_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間05.jpg

Photo: GLA/髙野現太

05_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間07.JPG

Photo: GLA/髙野現太

06_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間08.JPG

Photo: GLA/髙野現太

07_GLA/高野現太_山麓の洞門と双庭の間06.jpg

Photo: GLA/髙野現太

08.JPG
09.jpg
09.jpg