Photo : Hibiki Yamamoto

光電社 KOUDENSHA

事務室と倉庫を備えた電気工事会社である光電社の事務所。

2階事務室は台形平面でスパンが4.9m~5.9mと変化しており、
控えスパン1.82mからの片持ち長さを変化させたゲルバー梁とした。

ツーバイ材の38*286を、片持梁は3枚、スパン梁は2枚で@455に配置し、
スパン梁長さを一定にして持ち出し梁スパンを外壁に平行に
徐々に小さくすることでリズミカルで陰影のある天井空間を構成している。

倉庫はホイスト受け梁を屋根から外しつつツーバイ屋根梁からわずかに下げ、

ツーバイ屋根張り・ホイスト受け梁を等間隔に配置しつつ荷重を分担した。

光電社は私も応援している北海道コンサドーレ札幌のクラブパートナー。
個人的にも共感しています!


所在地  北海道札幌市白石区
使用用途 事務所
意匠設計 K+建築設計事務所 山本慶子
構造設計 山脇克彦建築構造設計 山脇克彦
施工会社 エディア株式会社
規模   地上2階 延床面積 281.29㎡
構造種別 木造 在来軸組工法+ツーバイ材ゲルバー梁
​竣工   2020年

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

Photo : Hibiki Yamamoto

©2018 Yamawaki Katsuhiko Architectural Engineering Design, Inc. 

Page design    Sato Yuri

  • Facebook - Grey Circle